​痛みが出る前 dakara

痛みが出る前に診るべきところは背すじ!

 

何で背すじなのでしょう?

 

体のバランスは頭から脚の爪先に至るあらゆるところでバランスを取るのですが

中でも「背すじのバランス」が一番重要になるからです!

 

「背すじのバランス」が崩れると「首」・「肩」・「背中」・「膝」などに不調がでるのです。

※以下、首・肩・背中・腰・膝の不調を「不調」と表現します。

 

こんな経験ありませんか?

 

・朝起きる時になんか背すじが固くて重い

・デスクワークで背中が丸く肩が凝って頭も痛い

・椅子から立ち上り腰に違和感がある

・座りっぱなし立ちっぱなしで腰がツライ

・肩関節やヒザや股関節に違和感がある

 

これらは「背すじのバランス」が崩れ歪んできている兆候・・・

 

痛みが出てくることを早めに教えてくれているのですね♪

 

まさに不調の始まりなんです!

 

大抵の人はこのくらいならもう少し様子見ようと思うものです。

ご自身の経験上、様子を見て体の調子が整うことが多かったのでしょう。

 

でも、不調の段階で手を入れる事は、根本的に歪みを解決できるメリットがあるのです。

逆を言えば、痛んでからは根本的な解決を望めにくいということです。

つまり・・・

不調の段階で背すじを見ることは、椎間板や軟骨などの組織(体)が壊れる前に手を付けれることです。

痛みが出てしまってからだと「ゆるみ」が出て今後そこが痛みやすくなってしまいます。

 

出来るだけ、「早期に歪みを取ること」を考えていただきたいのです。

 

この段階での通院は最も価値があります。

痛みが出る手前だった^^;

・しびれが出る手前だった^^:

・ギックリ腰や寝違いの寸前^^;

・今後の気を付ける動作が学べるから安心!

・通院が1回ですんだ!

 

余談ですが・・・

不調で「様子を見る」というのはそこに時間を使えないという事ですよね。

優先しなければならない用事や仕事がたくさんあること察します。

でも、たまには体の声も聞いてあげて下さいね♪

 

痛みがでる前の体づくりは、ご自身のためでもあり、僭越ですが治療家である私にとっても

痛みで苦しみ、辛い思いをする患者さんを限りなく少なくできる最適な助力の形であると考えます。

腰痛・リハビリなら松本市の柏木手技堂(整骨院)
(株)柏木 柏木手技堂/リハビリ/デイサービス

長野県松本市小屋南1-43-7