top of page

正しい冷やし方

日常でぶつけたり捻ったり筋肉を傷めた時など外傷による怪我をしたとき

皆さんは、どのように冷やしますか?


①ゆっくり冷やす

②時間をかけて冷す

③それとも氷でとにかく可及的に冷す


正解は①ゆっくり冷やすです!


なぜでしょう?意外でしたか?


では理論的説明をしてみたいと思います。




外傷による患部を冷やす方法は何故ゆっくり冷やすのが重要なのか?


急激に冷やすと患部の交感神経が過度に反応して痛みが余計に強くなるのです!

経験ありませんか冷やした直後にジンジンしたこと・・・


目的は血管を収縮させて、必要以上の炎症反応をを起こさせないようにすることなのです。

そのためには20度くらいの温度から少しずつ組織の温度を下げて患部の温度を8度くらいで冷やすのが正しい処置となります。


急激に冷やすことは慢性期においては二次性血管拡張として効果的ですが今回はあくまでも急性期の冷却方法なのでゆっくりがよいのです。


ちなみに熱中症はちがいますよ!

熱中症は可及的速やかに体をガンガン冷やすことが迅速に必要になります。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柏木整骨院式歪みの取り方

歪みと取り方には 色々な方法があります。 例えば、 カイロプラクティック オステオパシー モビライゼ―ション 矯正 と他にもいろいろあります。 でも、最終的には同じになるのです。 富士山を想像してみてください 登り口は沢山ありますけど 頂上は一つですよね。 それと同じで道は違っても 最後は同じ結果になるという事 なのです。 間違ってはいけないのは 治療方法ではなくて 正確な評価なのです。 それがで

夜寝られない

寝られない、快眠できない 寝たけど体の疲れが取れない 寝れない原因は何でしょう? 最近の環境の変化を思い出せる 範囲で考えてみてください。 考えて頂いたということで・・・ 環境の変化があった人なかった人 思い当たらない人 いろいろでしょう。 では今の感情はどうですか? 心地よくないのは間違えないでしょう。 そうなんです。 結局、ストレスなんです! ではどうすれば? ストレスをためない認知行動療法に

むち打ち心

むち打ちが始めての方は 痛み、恐怖、不安と 想像を超えることに戸惑い ます。 動きたくても動けない 痛くて夜も眠れない 精神的にも不安定 車の運転も怖い 本当に大変ですが、 受傷してから3日までに リハビリを始めないと 治りが一気に遅くなって しまうことが証明されています。 レントゲンに異常はないのですが 筋肉や関節の周りの組織は 大きなダメージがあるので とても痛みますし、首や腰が 動かなくなり

Comentarios


bottom of page