頭痛

頭痛は、いろいろな原因で起こる1つの症状にすぎないのです。

脳腫瘍などの頭蓋内疾患、眼、耳、鼻、歯などの局所的疾患

その他、発熱やカゼや中毒など多くのものがあげられます。


しかし、慢性の疾患をたどる患者の多くは検査を持って

原因を特定できない事がほとんど


結果、慢性的な頭痛は片頭痛、緊張性頭痛に分類される。





片頭痛とは発作性で痛みが拍動性で嘔吐をともなうこと

エルゴタミンという血管を拡張する薬が有効であること。


緊張性型は日常多く見られ後頭部を主として痛みが起こり

 激しくなると頭全体がずきずき痛み首、肩の凝りが持続して

嘔吐することはまれであります。

エルゴタミンは無効で鎮痛薬が有効

どちらの頭痛も※副交感神経を優位にするリラックスが大切であり

緊張型の頭痛は首筋、肩のマッサージが効果的となります。


※ただし、片頭痛の場合はストレスから解放され

 リラックスモードでも痛みが起こることはあります。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ボキボキ