top of page

腰痛の原因となる姿勢と椎間板内圧

よく患者さんに「腰は日常どんなことに気を付ければよいんですか?」

とこの手の質問をよくされることがあります。


答えはケースによりますが、、、

一般的に脊椎に負担のかかる代表的なデータを紹介しますね。




・姿勢と椎間板内圧が重要なのです!


姿勢の違いによる椎間板内圧の変化については、1976年のNachmsonらの

報告以来、広く知られるようになった。古いんですが今でも定説なんです。


彼らの報告によれば立位時のL3椎間板内圧を100とした時、椅子座位は140

背臥位は25であり椅子座位で体幹を前屈させ更に物を持った状態では275

の圧力がかかると報告し

「立位よりも座位で中間位よりも前屈位で内圧が高い」

ことを明らかにした。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柏木整骨院式歪みの取り方

歪みと取り方には 色々な方法があります。 例えば、 カイロプラクティック オステオパシー モビライゼ―ション 矯正 と他にもいろいろあります。 でも、最終的には同じになるのです。 富士山を想像してみてください 登り口は沢山ありますけど 頂上は一つですよね。 それと同じで道は違っても 最後は同じ結果になるという事 なのです。 間違ってはいけないのは 治療方法ではなくて 正確な評価なのです。 それがで

夜寝られない

寝られない、快眠できない 寝たけど体の疲れが取れない 寝れない原因は何でしょう? 最近の環境の変化を思い出せる 範囲で考えてみてください。 考えて頂いたということで・・・ 環境の変化があった人なかった人 思い当たらない人 いろいろでしょう。 では今の感情はどうですか? 心地よくないのは間違えないでしょう。 そうなんです。 結局、ストレスなんです! ではどうすれば? ストレスをためない認知行動療法に

むち打ち心

むち打ちが始めての方は 痛み、恐怖、不安と 想像を超えることに戸惑い ます。 動きたくても動けない 痛くて夜も眠れない 精神的にも不安定 車の運転も怖い 本当に大変ですが、 受傷してから3日までに リハビリを始めないと 治りが一気に遅くなって しまうことが証明されています。 レントゲンに異常はないのですが 筋肉や関節の周りの組織は 大きなダメージがあるので とても痛みますし、首や腰が 動かなくなり

Comments


bottom of page