top of page

腰痛の原因となる姿勢と椎間板内圧

よく患者さんに「腰は日常どんなことに気を付ければよいんですか?」

とこの手の質問をよくされることがあります。


答えはケースによりますが、、、

一般的に脊椎に負担のかかる代表的なデータを紹介しますね。




・姿勢と椎間板内圧が重要なのです!


姿勢の違いによる椎間板内圧の変化については、1976年のNachmsonらの

報告以来、広く知られるようになった。古いんですが今でも定説なんです。


彼らの報告によれば立位時のL3椎間板内圧を100とした時、椅子座位は140

背臥位は25であり椅子座位で体幹を前屈させ更に物を持った状態では275

の圧力がかかると報告し

「立位よりも座位で中間位よりも前屈位で内圧が高い」

ことを明らかにした。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

悩まないで腰痛

腰痛は簡単なんです! 椎間板と骨と関節と末梢神経 どれかが悪戯するわけですね^^; じゃーそれがどこから来るの? って話・・・ それは簡単なことで 姿勢です! なんで? 姿勢って癖みたいなもんで その人その人によって弱いとこ が決まってきてしまうんです。 だから、単純! その姿勢を治せばいいだけですし それで治ります^^

腰の激痛

アッと来る痛み結構あると思うんですが、 この痛みには2通りあるんです。 すぐ治るもの すぐ治らないもの 何れにしても治りますので 大丈夫なんですがね^^ すぐ治るものを時間かかって 来院する人は あれって! いうんですよね^^

二足歩行の功罪

ホント究極で短絡的ですが 筋肉や骨格にまつわる痛み というのは ほとんどが、二足歩行が 関係しています。 便利さが故にそれが原因 なんですよね! わかり易く言うと 頭から足まで重力が まっすぐかかっているか? 逆に言えば体重がしっかり ぶれることなく地面に 伝わっているか? この軸がブレているところに 痛みが出ているわけです。 コレだけです!ので 私がこれを見つけて 治療をするとほとんど 改善しま

Comments


bottom of page